トップページ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

オンラインカジノとは仮想カジノやインターネットカジノとして知られています。伝統的な("れんがとモルタル")カジノをオンラインで遊ぶことができてしまうのですが日本でも様々なサイトで学べることがあります。オンラインカジノはギャンブラーがインターネットを介してカジノゲームで遊ぶと賭けすることができます。ラスベガスやマカオに行かなくても自宅で楽しむことができるため旅費を考えたらその費用を投資にまわすことが可能です。

オンラインカジノは、一般的にオッズと陸上のカジノに匹敵する投資回収割合を提供しており、いくつかのオンラインカジノは、より高いスロットマシンのゲームのための回収率と、自分のウェブサイト上でいくつかの公開のペイアウト率の監査を請求しております。オンラインカジノは、適切にプログラムされた乱数ジェネレータを使用していると仮定すると、ブラックジャックのようなテーブルゲームは、確立された家の端を持っている。これらのゲームのペイアウト率は、ゲームのルールによって確立されます

多くのオンラインカジノは暗号の株式会社、国際ゲーム·テクノロジー、マイクロゲーミング、プレイテックとリアルタイムゲームのような企業から、自社のソフトウェアをリースまたは購入して運営している。悪質な運営会社もあるので気をつけてアカウントを作成する必要がある

もっとも古い職業はかなり一般的に認知されていますが、私の推測では、世界最古の娯楽は単なるギャンブルかもしれないと考えます。自由に対する制約は、合法的に、これらの本能はあなたの場所に応じて、大きく異ってまいります。国により規制が違うということになります。マカオもしくはアメリカのラスベガスあたりでは、地球上で比較すると最もカジノに関する法律がゆるく自由な場合となっております。我々の法律は実に上品ぶったと考えられるかもしれません。

それが今の現状では、アメリカの連邦法によると、インターネットギャンブルは基本的に違法となっております。一方で日本における法はグレーというのが見解です。日本においては同元が国内に存在する場合、明らかに違法となりますが、オンラインカジノの場合、運営する会社が他国になるためいわゆるグレーゾーンとなります。 アメリカでは2002年のワイヤー法が明示的にインターネット賭博を禁止するものではありませんが、司法省は、それがギャンブルの全ての形態をカバーするという立場をとっているようです。 2006 UIGEA (不法なインターネットの賭ける施行の行為)が明らかとり拡大すると2002ワイヤー法の解釈は壊され、多くのインターネット賭博サイトにがアメリカから撤退したのも事実です。 当時よりFBIは、広く公表を行い、同時にサイトの創設者を含む11人を拘束し、最も大きいとされる三大オンラインポーカーサイトをシャットダウンさせましたが、経済事情を顧慮し、2011年に、政府は、その固い考え方を再度否定。違反賭博法の請求に加えて、料金は銀行詐欺やマネーロンダリングを含んでいたために強固に規制にのりきったといえます。この動きに対しニューヨーク上院アルフォンスダマトは、そのオンラインポーカーは犯罪ではなかった抗議を含む多数の議員としてせいぜい疑わしい逮捕であったことを強調。昨今になってアメリカにおいて健全なオンラインカジノ運営が前提で合法化の動きが進んでいるとともに "スキルのゲーム"として分類思考はルーレットのような偶然のゲームと同じ鍋でオンラインポーカー属していませんた。日本もこのような動きを参考にしてオンラインカジノの違法性を考えていきたいところです。

新着情報

オンラインカジノを始めると

オンラインカジノを始めると毎日が忙しくなります。しかしながらギャンブルというのはとてもブラックジャックとかルーレットとか長時間のプレイによって勝つということが保証されるので仕事との両立などとても難しくなります。でも、私はそれに負けることなくインターカジノやジパングカジノというオンラインカジノでプレイをしています。最近ハマっているのはルーレットでベットする金額を抑えながら、長時間行い、頑張っています。本当にオンラインカジノを始めると充実した日々が過ごせますね。

2013年11月16日

ブログ

記憶に残るプレゼント

オンラインカジノって実は勝つだけでなく年末になると旅行や車がもらえるって最近知りました。昨年末のインペリアルカジノやジャックポットシティカジノあたりでプロモーションをやっていたので覗いてみるとなんとモナコ旅行が当たるとのこと。とは言えオンラインカジノの攻略だけでなく、プレゼントまでもらうにはどうしたら良いかなんて言うまでもなく運?と考えてしまうのですが、そういったオンラインカジノの遊び方などについての悩みはこちらで解決してください。花さんのオンラインカジノの考え方にはいつも惚れ惚れしてしまいます。今日の話題にあう過去記事もあり、内容としてはまだまだオンラインカジノ業界として日本市場は小さいこと、だからこそ高額の賞金や賞品が日本人限定で行われている場合のプロモーションの当選確率は相当なものだそうです。

確率論なので本当のところはわかりませんが、過去に私もアマゾンドットコムの商品券を日本一のインペリアルカジノさんから頂いたことがあります。クリスマス時のプロモーションだった気がしますがとても嬉しかったですね。

今年に入り、ますます為替も日本円安になっています。この状態は1年前にくらべなんと、1.3倍の賞金を稼ぐことが可能な計算ですから皆さんもこの機会に一攫千金を狙って下さい。2014年3月までは確実にドル建てでゲームが進行するギャンブルでしかもペイアウト率が高いものは有利になります。小手先の攻略ではなく、大義をしっかり見据えたこのようなオンラインカジノに対する取り組みもプレイ基盤を安定させる最大の攻略と言えるでしょう。

2014年1月14日

オンラインカジノを始める前の心得とは

オンラインカジノを始めるためには色々な手続きが必要になります。パチンコや競馬っていうとその場所に行ってチケットだったりプリペイドカードさえ購入すれば特に手続きをする必要はないのですがオンラインカジノの場合、少し面倒です。もちろん無料で遊ぶっていうことであれば面倒なことはありませんが。

さてオンラインカジノはその名の通り、インターネット回線を使ってカジノを楽しむということです。そこでカジノというものが世界的にどれだけ紳士と淑女のための娯楽であるかを日本人の皆さんも理解してください。確かにラスベガスにあるベネツィアンやMGMその他のカジノに行くと誰でも資金さえあれば身元確認など要らず、遊べてしまいます。しかしながら本当のカジノというのはVIP客としてIDだけでなくその肩書も非常に重要視され、おもてなしも桁はずれとなります。

例えばカジノとしたい上客が海外に在住しており、そのホテルのカジノスタッフはおそらく専用ジェット機で迎えに行くこともあります。つまり、とても紳士で高貴な娯楽である以上、嘘いつわりがあってはいけません。つまり、例えインターネットの世界であっても相手は上場しているオンラインカジノが多数のため、その紳士的な姿勢を必ず守って下さい。これはオンラインカジノをする上で非常に重要です。特にあなたがジャックポットを当ててしまった、高額の配当を獲得してしまった場合、パチンコとは比にならないほどの高額金になるため、オンラインカジノ運営会社はあなたの身元を確実に確認してくるでしょう。その時点で口座を開設した時の情報に不一致が生じた場合カジノ側は支払いを拒否する権利を持っております。アカウント開設時の約款にも記載されていますので記憶にとどめるべきです。

続いてギャンブル依存症にならないと自覚をしている方がオンラインカジノのリアルマネーで遊ぶ権利があると言えるでしょう。確かに有名なオンラインカジノのサイト有名なオンラインカジノのサイトのようにオンラインカジノで稼ぐことを主として頑張っている方もいらっしゃいますが改めてギャンブルつまり投資と回収のバランスをご自身の財産と照らし合わせマインドコントロールしオンラインカジノの魅力的なゲームの演出や効果にまどわされない強い精神が必要であると考えます。この気持ちがあれば特に問題なくオンラインカジノのリアルマネーで遊んでも構わないでしょう。

最後にインターネットでのカジノが故にオンラインカジノは無料で獲得できるボーナスがあります。このボーナスとはリアルマネーと同様に賭けることができ勝利して一定の掛け金を上回っていれば、例えばボーナス金額の20倍のベット金額とかですが、非常に勝てる確率もあがってくるでしょう。ここで最後の心得です。ボーナスアビューザーと呼ばれる、ボーナスばかりを狙うプレイヤーであるとオンラインカジノ側から認定されないように気を付けてください。はっきり言ってこの認定を受けてしまうと折角の機会を失い、そのオンラインカジノ運営会社のブランドでは二度とプレイできなくなってしまいます。

まとめですが、オンラインカジノを始めるための心得として虚偽の報告としない、依存しないマインドコントロール精神を持つ、ボーナスばかり狙わないをです。

2013年11月26日

オンラインカジノをして東京モーターショウへ

サンダーストラックでボーナスステージへ行き、何とか3000ドルの仕事をしたので少し車を見に行ってきました。車っていうとなんかカジノとは関係ないわけですが実際にオンラインカジノを攻略しスロットなんかで、30000ドルくらいなら短時間で勝って車でも買おうかなと思うかもしれません。スロットでジャックポット当てた場合はそれどころじゃないかもですが。昔はジパンクカジノでBmwをプレゼントなんていうプロモーションもありました。

マカオなんのベネツィアンリゾートに行くとランボルギーニが飾ってあったりしてポーカーやりたくなります。やはりギャンブルは車と女性が側に必要なのかもしれませんね。モーターショウはハイブリッド車がたくさんあったり未来の車があったりしますが私は外車でスポーツカーです。いつかはルーレットのマーチンゲールと逆マーチンを駆使して億万長者へと強い意志が働きます。ギャンブル依存症とは違い戦略的かつ計画的にオンラインカジノをプレイし続ける限り、いつかは夢にたどりつけるかと。

でも最近車のプロモーションがに日本でなくなったのは痛いです。カジノとアウディ、カジノとフェラーリ、カジノとベンツ、とても似合うと思いますのでどこかのオンラインカジノ運営会社でやって見て下さい。きっとオンラインカジノ、特にルーレットやスロットなどゲーム性が単調なものは豊富な資金で末長くゲーム数を増やしていくことが大事で特にMAXベットで逆転勝利を得る時のしんどい気持ちはやはり例えばほしい車を思い浮かべたりして我慢づよくオンラインカジノをやり続けるのが大事ですね。だからこそ、今日このイベントに行ったことでいつかはカジノでベントレーなんて今日思ったのです。

そんなこんなで今日はウィリアムヒルカジノ(プレイテック)になりますが、久々ダービーデイというゲームをやりました。実はこのゲームには少しばかり攻略法が存在するといわれておりちょい稼ぎをさせていただきました。その後はアイアンマン2というビデオスロットでフラッシュ出ました。軽く数千ドルで昨日の負け分を一気に取り返し、良い気持ちでベントレーの夢を見ながら明日もカジノで一日を終えようとぐっすりです。

2013年11月24日

決済会社を選んで本格的に遊んでみる

ネッテラーやマネーブッカーズを使ってオンラインカジノに入金してみるといよいよ気あがい入ります。気あがいが入るからこそ、真剣にブラックジャックで高額なベットをしても負けないんです。ロイヤルストレートフラッシュを先日インターカジノで出し、管理人はなんと数千ドルもの勝利をおさめてしまった。インターカジノさん、サンキュー!ラスベガスに行った時はルーレットで数百ドル勝ち喜んでいたのに、今考えればしょぼすぎてしまいます。旅費を考えれば赤字だと今気づき、もうどうしようもいられません。今日この頃はインターネットがあるからボーナスを無料で貰えたりして特に負けても次にクラップスで逆転してぐっすり寝ます。マネーブッカーズやジパンクカジノの入金口座は本当に便利だと今日この頃感じます。

そして特にzbangはジャパネット銀行の口座を作り、ネットでの送金をすればいとも簡単にジパングカジノへと入出金を可能としてしまうので是非皆さんも利用してください。ここでzbancの口座開設までの流れをご紹介しますと、まずzbancのサイトに行き、登録をします。例えばン住所やemailアドレスその他氏名なのどこにでもありそうな情報を登録するだけでいとも簡単に口座が開設できています。詳しくはジパングカジノのサイトにてご確認下さい。これにて皆さんもカジノライフが盛り上がります。ちなみにzbancですが顧客情報は、Zbancによって厳重に保管されており、かつ 全ての情報についてはセキュリティの保全を最優先に設定している安心信頼のデータサーバーにて運営されているそうです。従ってまずは安心といえるでしょう。しかしながら何が起きるかはわかりませんのであくまでジパングカジノに入出金する時のみ利用してください。それ以外は日本の銀行口座に資金を移すことが大事です。有名なオンラインカジノのポータルサイトではネッテラーがそういった意味で上場、監査、口座資金は別管理という点で安心であると説明されていました。こちらです。皆さんも有名ポータルサイトにて確認してみるのもよいでしょう。

2013年11月17日

ブラックジャックをプレイする

カジノとして最も有名なゲーム、ブラックジャックをプレイすることはとても幸せな気分です。私は朝からオンラインカジノにアクセスし、夜の12時くらいまでプレイし続けたこともありますが、全く疲れもありません。様々な攻略法もありますが巷で配布されているベーシックストラテジーを理解することもとても重要ですし、ハイローラー(高額のベットをするカジノの王者)である私にとって、特にインペリアルカジノのブラックジャックが好きです。ロイヤルストレートフラッシュを出した時の優越感もさることながら実はライブカジノで遊べば他国の人とコミュニケーションが取れてしますというメリットも存在します。とは言え私はまずオンラインであろうとなかろうと各カジノのゲームとして例えば参考文献で必ず研究します。

斎藤隆浩 さんが書かれている『ブラックジャック必勝法』というのは参考になっており、中身の巧みな内容はここでは記載できませんが、ヒット・スタンド・ヒット・スタンドの繰返しを単調にやっていてはあまり回収金額が多くなることはないと思います。あと私が大々的に言えることtしてはお酒を飲みながら5ハンドで一晩かけてやり続けているということ。少し気がおかしいのかもしれません。色々なブラックジャックやオンラインカジノが存在するなかで自分のすきなものをしっかり選び、浮気しないこと。これがオンラインカジノで長く、プレイできる秘訣でしょう。高配当を狙うブラックジャックを知っていますでしょうか?その名もパーフェクトブラックジャック。こちらは特に勝敗を気にしなくてもペアさえそろえば高配当となります。特にトランプのマークと数字が一致したペアを獲得した時は配当が25倍になります。100ドルであれば一撃2500ドルになることになります。これぞオンラインカジノの魅力というものですね。

最後に浮気しないことなんて私いいましたが、実は粘ることで必ず、高配当のカードを特にパーフェクトブラックジャックの時には獲得してしまうのです。正直どれくらい資金があるかによりますが、粘り続けることはオンラインカジノならではのだいご味ですね。ランドカジノであれば周りのカジノプレイヤーにも気を使い少し疲れがたまってしまうので、だからこそコンビニでウイスキー、私が好きなのは山崎ですが、それとボジョレーヌーボーなども用意し、ポテチを食べながらそして煙草を吸いながらカジノを快適にやっています。

2013年11月16日